福祉施設建築で注意すべき点

街なかにあるオフィスビルや賃貸マンションなどは、それぞれ事業や居住といった目的をもった建築物といえます。

福祉施設の建築におけるユニバーサルデザイン

福祉施設とはいっても児童福祉や介護保険などの目的や種類の違いがあるものですが、おしなべていえることとしては、心身に何らかのハンディキャップを持っている人たちであっても快適に利用ができるように建築のデザインを考えなければならないということです。